一括発注の取扱いについて

 


 

  1. 当社の運用体制について
    当社の投資信託財産及び投資一任契約に係る顧客資産(以下「運用財産」と言います)の対象有価証券の運用について、当社自身が直接発注するのは、運用財産に組入れるファンドの売買のみで、個別の株式、債券等の発注は運用委託先に委ねております。また、ラッセル・インベストメントのマルチ・マネージャー運用は、世界中から優れた運用会社を厳選し、それらの運用会社をそれぞれの得意分野に応じて最適に組み合わせることにより構築され、運用委託先は適宜変更いたします。そのため、当社は複数の運用機関を運用委託先として採用しておりますので、一括発注の取扱いについては基本的な概念について開示を行います。

  2. 基本的な考え方
    複数の運用財産の運用において、各運用委託先の方針により有価証券の売買注文を一括して発注(以下「一括発注」)されることがあります。これは同一銘柄の注文を一括発注することにより信託財産間の公平を図りかつ効率的な売買発注に資するためです。一括発注を行った取引については、平均単価により約定および決済されることがあります。

  3. 対象有価証券及び対象取引
    対象有価証券は、取引所金融商品市場、外国金融商品市場または店頭売買金融商品市場に上場または登録されている有価証券等とします。また、対象取引は現物取引に加え、信用取引およびデリバティブ取引を含める場合があります

  4. 約定結果の配分方法
    各運用委託先の方針に従って実施されます。

  5. 最良執行の基本方針
    各運用委託先の最良執行体制に従って実施されます。

  6. 社内管理体制
    各運用委託先の運用体制を確認し、最良執行を適切に実施されると判断された運用機関に委託先を限定しております。
Site preferences