議決権行使の考え方および議決権行使結果


 Ⅰ. 議決権行使の目的

  • ラッセル・インベストメント株式会社(以下当社)は、受託者責任に基づき、株主価値の最大化という顧客および受益者の利益の増大を図ることを目的とし、議決権を適正に行使するものとします。

Ⅱ. 議決権行使に関する基本方針

  • 当社における議決権行使の基本方針は、長期的視点に立ち、株主価値の最大化という顧客および受益者の利益に貢献することです。議決権は、顧客の利益を図るためにのみ行使し、当社または顧客以外の第三者の利益を図るための行使は行いません。

  •  当社における議決権行使は、運用会社である全ての関連会社(以下当グループ)で共通の基本方針のもと、共通の議決権行使委員会を設置し、共通の判断基準に従い行うものとします。これは、当グループの各運用会社が個別に判断した結果、矛盾する方法で議決権を行使した場合、株主価値の最大化という目的が達成できず忠実義務、善管注意義務に反する結果となる事を防ぐためです。

  • 当社の運用プロセスにおいては、個々の銘柄に関する投資判断を行なっていないことから(運用プロセスについては個々のファンドの目論見書等をご参照ください)議決権行使にあたっては判断基準となる規程やガイドラインを作成し、それらに従って行動することが顧客および受益者の利益の増大を図るための最良の方法と考えます。

Ⅲ. 議決権を行使する際のプロセス

  • 議決権行使委員会
    議決権行使の意思決定は、当グループにおいて共通の議決権行使委員会を中心に行います。議決権行使委員会は、議決権行使に関する規程や基本方針となるガイドラインを整備し、その実行を監督しています。また、当該グループに対し議決権の執行をアレンジします。
  • 判断基準
    議決権行使に当たっては、当グループで定められたガイドラインに基づき行ないます。
  • 執行
    当社は、議決権行使の執行およびその管理を、外部機関であるグラス・ルイス・アンド・カンパニー社(以下グラス・ルイス社)に委託しています。この場合の「執行」は、代理による議決権行使および議決権行使指図書の発行等と言います。議決権行使は当グループのガイドラインに基づきグラス・ルイス社を通じて行われます。
  • 報告
  1. 議決権行使委員会は四半期に一度、グラス・ルイス社より執行の結果の報告を受けます。また、執行の結果はグラス・ルイス社提供のシステムにより、当グループ内で共有しております。

  2. 当社のオペレーション部は四半期に一度グラス・ルイス社提供のシステムから執行の結果を取得し必要に応じて関連部署に配布します。

  3. 運用部は執行の結果を必要に応じて投資政策・運用委員会に報告いたします。

  4. 投資政策・運用委員会は必要に応じて経営委員会に報告します。

Ⅳ. 2017年7月~2018年6月 個別銘柄議案別議決権行使結果(PDF:1.1MB)

Ⅴ. 2018年5月、6月議決権行使結果(PDF:432KB


 

Site preferences