ラッセル・インベストメントの

ナレッジ・チャネル

~あなたの資産運用、サポートします~
詳しくはこちら

「ナレッジ・チャネル」では、資産運用に関わる身近なテーマを採り上げ、ラッセル・インベストメントの視点による考察をお届けいたします。
当コーナーでご紹介する考え方が、皆様の資産運用における課題を解決する一助となれば大変幸いです。


なぜアップサイド・グロースよりダウンサイド・プロテクションが重要なのか?

2019年11月15日

ロバート・ウィルソン、ラッセル・インベストメント(米国) インプリメンテーション・ポートフォリオ・マネージャー

貿易摩擦が進行し世界的に成長が落ち込む中、世界的なマクロ経済と地政学的な見通しは依然として非常に不透明であり、低金利、低成長、高評価の環境が2020年まで続く可能性を示唆している。この不確実性により、2019年8月のように市場がボラタイルな時期にも投資を継続し、魅力的なリターンを得ようとする投資家にとっては厳しい環境となっている。

 

続きを読む


何が上場インフラの需要を牽引しているのか

2019年10月21日

ダレン・スペンサー、ラッセル・インベストメント(米国) クライアント ポートフォリオ マネージャー

なぜ上場インフラなのか。その論理の流れをたどってみよう。株式市場のボラティリティ、低い債券利回り、経済見通しの不透明さ、そのいずれもが、よく練られた計画さえも頓挫させてしまうような障害として立ちはだかる。こうした状況の中、より多様な可能性と下方リスクへのプロテクションを提供でき、追加的なインカム源としても期待できる投資の価値はますます際立っている。

 

続きを読む


2019年ESG運用機関アンケート調査

2019年10月10日

プーニート・ティアラ、ラッセル・インベストメント(米国) 米国株式リサーチ・アナリスト

投資判断における「環境、社会、ガバナンス(ESG)」要因の重要性は飛躍的に高まり、今や熟達した投資プロセスにはESGの理解が欠かせない、と思われるまでになった。ラッセル・インベストメントは、投資管理において、この重要かつ進化し続ける点を顧客が上手く舵取りできるよう努めている。こうした観点から、弊社は株式、債券およびプライベート市場などで活動する運用機関300社1を対象として、いかにESG課題を投資プロセスに組み込んでいるのかを理解するためのアンケート調査をグローバルに実施した。

 

続きを読む


金、超伝統的オルタナティブ資産の意外な特性

2019年9月7日

喜多 幸之助、コンサルティング部長

投資家は、オルタナティブ投資として、ヘッジファンド、不動産、プライベートエクイティを中心に、徐々にその幅を広げてきた。ただ、多くの機関投資家が見過ごしている資産がある。

 

 

続きを読む


インパクト投資は新しいトレンドか

2019年8月28日

サマンサ・スティール、ラッセル・インベストメント(米国) プライベート・マーケット戦略 ヘッド

インパクト投資は初期段階から大幅に成長している投資戦略である。環境、社会およびガバナンス(ESG)案件について前向きな変化と進捗をもたらすことを目標としており、未だ初期段階にあるものの、継続的に成長・成熟している。今回はインパクト投資とは何か、またインパクト投資がプライベート資産の投資に組み込まれる傾向が飛躍的に高まっていることについて述べる。

 

 

続きを読む


長期的戦略としてみた場合のダウンサイドプロテクション

2019年7月11日

本部 崇仁、ヘッド・オブ・インベストメント・ソリューションズ

市場が不透明になると注目を浴びる商品がある。それは、株価の暴落の影響を抑制するためのダウンサイド・プロテクション(以下、「DSP」という)だ。既に運用機関等から紹介され、一度は検討したことがある担当の方も少なくないだろう。DSPは株式に対する保険的な性格を持つため、経済環境が不透明になった時に注目される傾向が強い。このため、一般的に戦略的というより、環境に合わせて戦術的に利用されている。

 

 

続きを読む


債務特性を考慮した投資戦略

2019年6月18日

ブライアン・フリック、ヘッドオブLDIソリューションズ 
大浦裕一郎、コンサルティング部 コンサルタント 

日本の企業年金運営に影響を与えるルールには、年金財政(確定給付企業年金法に基づく)と年金会計(退職給付会計基準に基づく)がある。多くの年金スポンサーは年金会計よりも年金財政を重視して運営に臨んでいると言えるだろう。年金財政においては運用資産の利回りが長期的に予定利率(≒債務の割引率)を上回っていれば制度の持続性は保たれる。

 

 

続きを読む


「仮想通貨」と「暗号資産」―どちらが正しい認識か?

2019年5月24日

喜多 幸之助、コンサルティング部長

2018年3月、ブエノスアイレスで開催されたG20では、「仮想通貨」については、消費者および投資家保護、市場の健全性、脱税、マネー・ローンダリングなど様々な問題を抱えるとして、「通貨」の名には値せず「暗号資産」と呼ぶべきとされた。

 

 

続きを読む


2019年度1–3月期株式運用機関レポート:再びグロースへと振り子が振れる

2019年5月13日

パトリック・イーガン、ラッセル・インベストメント(英国) 欧州株式 ポートフォリオ マネージャー

ラッセル・インベストメントの運用機関調査チームによると、2019年1–3月期の株式運用機関の成績はまちまちであった。米国大型株式、カナダおよび日本株式の運用機関にとって、今期の市場環境は厳しいものだった。

 

 

続きを読む


 

非営利団体の資産配分トレンド:大学基金モデル

2019年5月13日

荒川 光弘、コンサルティング部 エグゼクティブ コンサルタント

米国の大学基金は長期的な収益だけでなく、短期的かつ安定的なインカムも求められていることから、絶対収益志向が強くなっている。

 

 

続きを読む


DC - 最先端の展開について

2019年5月13日

谷口 和歌子、コンサルティング部 シニア コンサルタント

日本では2018年5月より確定拠出年金法が改正され、従来の元本保全を重視した資産運用に代えて、長期的な分散投資による資産蓄積を後押しするルール整備が行われた。

 

 

続きを読む


企業年金の採用戦略数と夏季オリンピックの種目数、
10年前と比べて増加率が大きいのはどちらでしょう?

2019年4月23日

大浦 裕一郎、コンサルティング部 コンサルタント

2020年の東京オリンピックでは33競技339種目が実施される予定だ。2008年北京、2012年ロンドンでの種目数はともに302であったから12%の増加である。ちなみに1964年の東京オリンピックでは19競技163種目が行われ、日本は16個の金メダルを獲得した。では、一企業年金当たりの採用戦略数はどうだろうか。

 

 

続きを読む


不透明な市場環境を前に年金運営を考える

2019年4月2日

本部 崇仁、エグゼクティブ コンサルタント

年末年始の国内株は、大波乱であった。2018年12月3日に1,689(終値)だったTOPIXがその後1,415(12月25日の終値)まで急落。年末にかけて少し戻したものの、波乱含みの大発会、そして中国をターゲットにしたトランプ発言などで再び混乱と市場参加者を不安にさせるネタには事欠かなかった。

 

 

続きを読む


マルチ・ファクター投資 成功の鍵

2019年3月15日

飯尾 昌弘、コンサルティング部 シニア コンサルタント

英国のエコノミスト誌によると、ファクターベースの戦略の運用額は業界で1兆ドルにも上るという。多くの投資家がリターンを獲得するための運用手法を求めていく中で、今日ではファクター投資は広く普及したと言える。その人気の背景として、三つのことが挙げられる。

 

 

続きを読む


プライベートアセットの流動性

2019年3月4日

山浦 厚能、オルタナティブ・アドバイザリー部 ディレクター、オルタナティブ インベストメント コンサルティング

当社は、非常に長期の実績でみると、プライベートアセットに流動性プレミアムがあることをInvestment Beliefsとして確信しており、ポートフォリオに組み入れることで、リスク・リターン特性を高める効用があると考えている。

 

 

続きを読む

 

2019年に注目すべき投資テーマトップ5

2019年2月4日

アンドリュー・ピース、グローバル・ヘッド・オブ・インベストメント・ストラテジー

2018年は、地政学やポピュリズムが席巻し、世界的に株式市場の動きが大きい不安定な年となった。その結果、現金および国債を除くほぼすべての資産クラスのリターンがマイナスとなった。同様のテーマの多くが、2019年も影響を継続する可能性があろう。しかしながら大きな違いは、2018年初頭に観測された全体的な楽観主義とは対照的に、今年は投資家の間に悲観的な見方が広がっていることだ。逆張り投資家の視点からは、新年が弱気バイアスで始まると、いつも安心してしまう。

それでは、2019年に注目すべき投資戦略テーマのうち、上位5テーマの点検を始めよう。

 

 

続きを読む


投資成果とのリンクを意識したESGスコア

2019年2月4日

吉田 寛隆、コンサルティング部、シニア コンサルタント

年金運用に関するセミナーのハイシーズンは毎年春と秋の2回があると言われますが、昨年秋には弊社を含めて数多くのESG投資をテーマとしたセミナーが開催されました。また、実際に、スチュワードシップ・コードに係る議論の高まりと相まって、日常的なクライアント・ミーティングにおいてもESGに関する話題にふれることが急激に増えています。運用戦略選定の場でESGへの取り組みをヒアリングされる弊社のお客様が数多くおられ、ポートフォリオ管理におけるESG投資への意識は着実に浸透しています。本記事では、ポートフォリオのモニタリング段階におけるESG取り組み事例として、上場株式ポートフォリオのESGスコアに関する弊社のリサーチ事例を紹介します。

 

 

続きを読む


年末債券運用機関アンケート調査結果

2018年12月27日

アダム・スミアーズ、ラッセル・インベストメント(英国) グローバル債券運用機関調査ヘッド

私たちは一年を通して、債券および通貨運用マネージャーに、向こう数カ月間のバリュエーションと見通しについてアンケート調査を行っている。今回は、米国の金利とクレジットの見通しに焦点を当てた。そして、エマージング通貨と米ドルに今後何が起こるかについても聞いてみた。

 

 

続きを読む


2018年 ESG運用機関アンケート調査

2018年11月27日

プーニート・ティアラ、ラッセル・インベストメント(米国) 米国株式リサーチ・アナリスト

投資における「環境、社会、ガバナンス(ESG)」要因の重要性は、ここ数年で飛躍的に増加しています。そのため当社は、かねてより債券運用機関に対するESG調査を毎年行ってきました。しかし、今年はより広範な調査範囲をカバーし、包括的な理解を得たいと考え、すべての資産クラスのあらゆる規模の運用機関を対象に、299社がESGの考慮事項を投資プロセスにどのように組み込んでいるのかのアンケート調査を実施しました。

 

 

続きを読む


金融市場との融合から見る保険戦略の投資機会

2018年10月26日

谷口 和歌子、コンサルティング部 シニア コンサルタント

米国において1970年代に住宅ローン債権の証券化が始まって以降、証券化市場は資金の再配分やリスク移転を通じて、経済活動の拡大やリスク管理を後押ししてきた。証券化の代表的な商品を挙げると、米国を中心に自動車ローン等を裏付けとしたABS、ローンを証券化したCLO、商業用不動産ローンを裏付けとしたCMBSなど対象は広く、2017年のグローバルでの年間発行額は9,300億ドルと推計されている1。対象をさらに広げると、不動産を証券化したREITや、保険会社が引き受けた自然災害等による損失リスクを証券化したキャットボンドなど、その裾野は広がり続けている。証券化はそれまで金融市場との接点を持っていなかった様々な経済活動を金融市場と直接結びつけることで、その機能を果たしてきたと言えるだろう。

 

 

続きを読む


年金運営にブレイクスルーを!(第4回)

2018年10月16日

本部 崇仁、ヘッド・オブ・インベストメント・ソリューションズ/エグゼクティブ・コンサルタント/年金数理人

これまでの3回の連載で、年金運用を効果的に見直すためには、影響の大きい資産配分のあり方にフォーカスすることが重要なものの、政策資産配分を一つに絞る伝統的なやり方が最良の選択肢とは言えない可能性について指摘させていただいた。今回は、具体的なイメージを加えながら最終章をまとめてみたい。

 

 

続きを読む


適温相場終えんの兆しはオルタナティブ投資へのGOサイン

2018年9月28日

ジェフ・ハッシー(CFA)、グローバル・チーフ・インベストメント・オフィサー

2017年は、過熱も冷え込みもない適温(ゴルディロックス)相場と言われました。グローバル経済に大きな変化がなく、長期金利は低位安定し、多くの株式市場で高いリターンと落ち着いたボラティリティ(値動き)に恵まれたからです。しかし、2018年は様相が異なります。グローバル経済の成長は堅調なものの、速度は低下し、長期金利はまだ低いとは言え上昇しています。株式市場はボラティリティがやや高まり、リターンは低めと変わってきています。もっとも、適温相場に危機が迫っていると警告しているのではありません。むしろこれは、オルタナティブ資産に目を向ける絶好の局面ではないかと考えられます。

 

 

続きを読む

 


中庸は徳の至れるものなり ~運用スタイルのバランスについて~

2018年9月14日

木村 信治、コンサルティング部 コンサルタント

哲学で使われる言葉はとかく難しいものですが、そうした言葉の一つに「中庸」があります。洋の東西で多少は意味が違うものの、概ね“均衡のとれた状態や態度”を意味するようです。分かったような、分からないような、しかし深みのある言葉です。

 

 

続きを読む

 


なぜ運用機関との面談が重要なのか

2018年8月31日

ジョン・フォレスト(CFA)、ラッセル・インベストメント(米国) リサーチ・プラクティス・ヘッド

1969年、若きジョージ・ラッセルが最高の運用機関を見つけようと決心したとき、ごく基本的な疑問に行き当たりました。「どうやって?」です。
彼の問いかけに対してある程度答えることになるのが、今日運用機関調査ミーティングとして知られているものです。つまり、運用機関が競争優位性を持っているかどうかを判断するために、ラッセル・インベストメントが重要であると考える一定の項目について、運用機関との間で行う詳細な面談のことです。

ラッセル・インベストメントは、運用機関と毎年約2,000回もの運用評価のミーティングを実施していますが、その面談で何が行われているかに興味を持つ人は少なくありません。このため、少しこの種明かしをしてもいい時期に来ているのかもしれません。

 

 

続きを読む

 


新興国市場:転落か?単なる低迷か?

2018年8月24

グラハム・ハーマン、ラッセル・インベストメント(豪州) シニア・インベストメント・ストラテジスト

新興国市場は、それぞれ異なる経済圏として世界に幅広く点在しており、形態や規模、政治体制、交易・財政状況は極めて多様である。この中には、中国やインド、ブラジルなど、規模としてはフランスやイタリアに匹敵するような世界最大級の経済市場もあれば、チリ、ハンガリー、チェコ共和国のように、たとえば経済力ではニュージーランドよりは大きいものの、米国の約1%の規模にすぎない小さな国々も含まれる。

 

 

続きを読む



コーポレートガバナンス・コード改訂による企業年金のスチュワードシップ活動への影響

2018年8月16日
西村 研一郎、コンサルティング部、シニア テクニカル アナリスト

2018年3月26日、「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」で「コーポレートガバナンス・コードの改訂と投資家と企業の対話ガイドラインの策定について」と題する提言が公表された。当会議は池尾和人 慶應義塾大学経済学部教授を座長とし、金融庁と東京証券取引所を共同事務局とする有識者会議である(以下、有識者会議)。当該改訂版は、パブリックコメントの募集を経て、6月1日に施行された。

そこで、本稿では、その趣旨を解説するとともに年金基金の実務への影響を考察する。

 

 

続きを読む

 


受託者責任ガイドラインの改正

2018年8月1日
飯尾 昌弘、コンサルティング部 シニア コンサルタント

2017年11月8日付けで受託者責任ガイドライン(確定給付企業年金基金に係る資産運用関係者の役割及び責任に関するガイドラインについて(通知))が改正されました。そもそもこの受託者責任ガイドラインは法令そのものではないものの、年金運用管理における「注意義務」と「忠実義務」を正しく具現化することを目的としたもので、理事の行動規範を示しています。このため、基金関係者は同ガイドラインを意識することが求められ、運用基本方針などの文書に反映していく必要があります。

 

続きを読む

 


「想像のガラスを割れ!」~プライベートアセットにまつわる素朴な疑問集~

2018年7月23日
山浦 厚能、オルタナティブ・アドバイザリー部、ディレクター、オルタナティブ インベストメント コンサルティング

ナレッジ・チャネルには、これまでの年金運営の常識を疑う観点で考察した、「年金運営にブレイクスルーを!」と題した3回に分けたシリーズ作がある。ところが、今回取り上げるプライベート・アセットの運用には、十分な時間の洗礼を受け、地に足の着いた常識、あるいはコンセンサスが国内において広く浸透しているようには見えない。各自が想像に基づき拡大した世界観から抜け出せていないというべきか。そこで、本稿では素朴で具体的な質問をいくつか提示する、という試みを行いたい。プライベート・アセットの姿を明らかにするためには、素朴な疑問を繰り返すことが、結局のところ近道ではないだろうか。

 

続きを読む


グローバル・マーケット・アウトルック 第3四半期アップデート

2018年7月20日

当記事は、2018年6月に発行した北米、欧州、アジア太平洋を拠点とするラッセル・インベストメントのストラテジストおよびエコノミストがグローバル株式市場の見通しをまとめた"2018 Global Market Outlook - Q3 update"の抄訳版です。

 

続きを読む


2018年4-6月期 債券運用機関アンケート調査結果

 

2018年7月4日
アダム・スミアーズ、ラッセル・インベストメント(英国) グローバル債券運用機関調査ヘッド

 

当記事は、ラッセル・インベストメントが四半期ごとに世界の債券運用機関に対して行っている、現状認識や市場見通しのアンケート結果の主要点をまとめ、2018年6月にラッセル・インベストメント(米国)のHPに掲載されました英文記事を翻訳したものです。

 

続きを読む


 

ニッチな投資商品の発掘(もう1つのインフラ投資)

2018年6月15日

寺内 健、運用部 シニア クライアント ポートフォリオ マネージャー

 

プライベート・インフラストラクチャー投資のサブ戦略であるアベイラビリティ PPP運用(PPP:パブリック・プライベート・パートナーシップ)とは、行政による認可・免許制などによる参入障壁の高いインフラ資産への官民共同投資の一つで、有料道路などのインフラ資産からの収益リスクも「官」が保証する、きわめて特殊な契約形態による運用方法です。

 

 

続きを読む 


 

「#DeleteFacebook(フェイスブックのアカウントを削除しよう)」:データ・プライバシーへの懸念の波がソーシャル・メディアを襲う

2018年6月4日

クリス・ネルソン、ラッセル・インベストメント(米国) グローバル株式 シニア・リサーチ・アナリスト

 

3月16日、イギリスの政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカが5千万人ものフェイスブック・ユーザーから不正に情報を入手したことが報じられた。フェイスブックは現在、米選挙法違反の疑いでも非難を受け、同社のデータ保全・監査手続き・開示について厳しい調査を受けている。問題の発覚以降、株価は17%以上下落している(本記事を執筆した4月9日時点)。我々の見解では、株価の下落は、フェイスブックの成長と最終的な収益に対する3つの潜在的な脅威を反映したものと見ている。

 

 

続きを読む 


年金運営にブレイクスルーを!(第3回)

2018年5月18日

本部 崇仁、ヘッド・オブ・インベストメント・ソリューションズ/エグゼクティブ・コンサルタント/年金数理人

 

これまでの2回で、戦略的意思決定プロセスへリソースが十分に投入されていないこと、一方で、現行のやり方を変えず単純にリソースを投入するだけではおそらく劇的な効果が期待できないことを指摘させていただいた。今回は、戦略的な可能性を広げるあらたな視点について考えてみたい。

 

 

続きを読む 


中国の成長期待とリスク:理財商品のいま

 

2018年4月26日

吉田 寛隆、コンサルティング部、シニア コンサルタント

 

世界の株式市場を大きく揺らした2015年夏の中国株ショックからもうすぐ3年が経とうとしています。各国株式市場と比較して比較的ボラティリティが高いといわれる日本株を大きく超える幅で上海総合指数などが上下し、世界中の投資家がその動向を注視した数カ月間は強く記憶に残っていることと思います。

 

続きを読む


2018年1-3月期 債券運用機関アンケート調査結果

 

2018年4月13日
アダム・スミアーズ、ラッセル・インベストメント(英国) グローバル債券運用機関調査ヘッド

 

ラッセル・インベストメント(米国)では四半期ごとに世界の債券運用機関に対して、現状認識や市場見通しのアンケートを実施しています。本記事では、本年2月下旬を回答期日としたアンケート調査結果の概要をご紹介いたします。過去に実施してきたアンケートでは、金利戦略を得意とする運用マネージャー(以下、金利マネージャー)とクレジット戦略を得意とする運用マネージャー(以下、クレジット・マネージャー)で、市場の見通しが割れていたことが1つの特徴となっていました。この見方の相違のあり方に、少し異なる動きが見られていることが今回観察されています。世界の債券運用機関がどのような見方をしているのか、変動の高まる市場環境の中で、このアンケート結果から得られる示唆が投資家の皆様のご参考になると考え、その概要をご紹介いたします。

 

続きを読む


市場トレンド変化の下で安定的な超過収益の獲得を追求するためのソリューションとは?

 

2018年3月28日
秋山 真理、運用部 シニア クライアント ポートフォリオ マネージャー

 

長期安定政権と金融緩和の継続、堅調な企業業績を背景に2017年10月以降2018年1月までバブル崩壊後高値を更新し続けた日本株式市場は、2月に入り急変した。米国の急速な長期金利上昇に驚いた投資家の動揺を反映する形で、株式市場のボラティリティ(変動性)が急上昇したことが、投資家によるリスク性資産からの急速な引き揚げを促した。

 

続きを読む


ニッチな投資商品の発掘

 

2018年3月7日
荒川 光弘、コンサルティング部 エグゼクティブ コンサルタント

 

個人投資家の方にはあまり馴染みがないかもしれないが、年金基金など機関投資家の間では以下の観点から高めの利息を受け取ることができる代わりに、大規模な自然災害などが生じた場合には、投資家に対する利息の支払いや払戻元本が減価する債券であるCatastrophe Bond(CATボンド:大災害債券)などを組入れて運用を行なう保険戦略投資がここ数年広がりを見せていた。

 

続きを読む


年金運営にブレイクスルーを!(第2回)

 

2018年2月20日
本部 崇仁、ヘッド・オブ・インベストメント・ソリューションズ/エグゼクティブ・コンサルタント/年金数理人

 

年金運営にブレイクスルーを!(第1回)で、長期的なパフォーマンスに大きな影響を与えるプロセスは、政策資産配分などの戦略的意思決定プロセスであること、しかし、必ずしもこのプロセスに十分な時間が割かれていないことをお示しした。今回は、この戦略的意思決定プロセスについて考えてみたい。

 

続きを読む


年金運営にブレイクスルーを!(第1回)

 

2018年2月8日
本部 崇仁、ヘッド・オブ・インベストメント・ソリューションズ/エグゼクティブ・コンサルタント/年金数理人

 

世界的に確定給付年金制度(DB)から確定拠出年金制度(DC)への移行が進んでいる。この現象の主な要因は、制度提供者が資産運用リスクなどDBに纏わる様々なリスクに耐えられなくなったとからだと言ってよいだろう。幸い日本の多くのDBは、追加拠出や給付見直し等の運営の改善により、積立水準は良好で、運用目標も低いためサスティナビリティは高いといってよい。一方で、そのことを理解しつつも、制度運営に関する心配が尽きないのも事実だろう。そこで、今回より複数回に分けて、より進歩的な年金運営について少し視野を広げて考えてみたい。

 

続きを読む


企業型確定拠出年金(企業型DC)で“顧客本位”が守られ難い3つの理由

2018年2月1日
喜多 幸之助、コンサルティング部/エグゼクティブ コンサルタント

 

「「企業型DC 割高コストに批判」(日経ヴェリタス2017年4月9日~15日号)では、「金融機関が運営管理機関として機能」し、顧客に「グループ企業の運用会社が運用し、信託報酬が高いもの」を勧めていると報じられている。無論、あくまで一部の例に過ぎず、真摯に受託者責任を果たそうとしている運営管理機関も知っているし、それが大半だと信じている。しかし、報道にあるように、確定拠出年金法で規定される忠実義務の精神が軽んじられる例が実際に見られるのは残念なことである。

 

続きを読む


AIはファンドマネージャーを不要にするのか 

2018年1月19日
鹿子木 亨紀、運用部 シニア クライアント ポートフォリオ マネージャー

 

「AI(人工知能)」はすっかりバズワードとなり、新聞でもAIの文字を見ない日はなくなった。すっかりブームとなった今、AIという言葉は意味が不明瞭なまま使われ、これが本当にAIと言えるのか?と首をかしげる事例も少なくない。ガートナー・ジャパンが発表した「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」でも「人工知能は、まさに『過度な期待』のピークに差し掛かっている」と指摘している。

投資の世界においても「データ分析では人間はAIに勝てない。人間のファンドマネージャーがいなくなるのも時間の問題」等々、AIがすべてを変えるかのような議論がされることもある。果たして本当にAIはすべてを変えて、ファンドマネージャーは絶滅してしまうのだろうか?

 

続きを読む

 


 

 

 

 


2018年4月26日

吉田 寛隆、コンサルティング部、シニア コンサルタント

 

世界の株式市場を大きく揺らした2015年夏の中国株ショックからもうすぐ3年が経とうとしています。各国株式市場と比較して比較的ボラティリティが高いといわれる日本株を大きく超える幅で上海総合指数などが上下し、世界中の投資家がその動向を注視した数カ月間は強く記憶に残っていることと思います。

 


2018年4-6月期 債券運用機関アンケート調査結果

 

2018年7月4日
アダム・スミアーズ、ラッセル・インベストメント(英国) グローバル債券運用機関調査ヘッド

 

当資料は、ラッセル・インベストメントが四半期ごとに世界の債券運用機関に対して行っている、現状認識や市場見通しのアンケート結果の主要点をまとめ、2018年6月にラッセル・インベストメント(米国)のHPに掲載されました英文記事を翻訳したものです。

 

続きを読む

 


「想像のガラスを割れ!」~プライベートアセットにまつわる素朴な疑問集~

2018年7月23日
山浦 厚能、オルタナティブ・アドバイザリー部、ディレクター、オルタナティブ インベストメント コンサルティング

ナレッジ・チャネルには、これまでの年金運営の常識を疑う観点で考察した、「年金運営にブレイクスルーを!」と題した3回に分けたシリーズ作がある。ところが、今回取り上げるプライベート・アセットの運用には、十分な時間の洗礼を受け、地に足の着いた常識、あるいはコンセンサスが国内において広く浸透しているようには見えない。各自が想像に基づき拡大した世界観から抜け出せていないというべきか。そこで、本稿では素朴で具体的な質問をいくつか提示する、という試みを行いたい。プライベート・アセットの姿を明らかにするためには、素朴な疑問を繰り返すことが、結局のところ近道ではないだろうか。

 

続きを読む


グローバル・マーケット・アウトルック 第3四半期アップデート



新興国市場:転落か?単なる低迷か?

2018年8月24

グラハム・ハーマン、ラッセル・インベストメント(豪州) シニア・インベストメント・ストラテジスト

新興国市場は、それぞれ異なる経済圏として世界に幅広く点在しており、形態や規模、政治体制、交易・財政状況は極めて多様である。この中には、中国やインド、ブラジルなど、規模としてはフランスやイタリアに匹敵するような世界最大級の経済市場もあれば、チリ、ハンガリー、チェコ共和国のように、たとえば経済力ではニュージーランドよりは大きいものの、米国の約1%の規模にすぎない小さな国々も含まれる。

 

 

続きを読む



コーポレートガバナンス・コード改訂による


新興国市場:転落か?単なる低迷か?

2018年8月24

グラハム・ハーマン、ラッセル・インベストメント(豪州) シニア・インベストメント・ストラテジスト

新興国市場は、それぞれ異なる経済圏として世界に幅広く点在しており、形態や規模、政治体制、交易・財政状況は極めて多様である。この中には、中国やインド、ブラジルなど、規模としてはフランスやイタリアに匹敵するような世界最大級の経済市場もあれば、チリ、ハンガリー、チェコ共和国のように、たとえば経済力ではニュージーランドよりは大きいものの、米国の約1%の規模にすぎない小さな国々も含まれる。

 

 

続きを読む



コーポレートガバナンス・コード改訂による

◎当サイトに関してご留意いただきたい事項

主な投資リスク

投資一任契約において、当社の投資判断者がその運用指図により投資を行なう、もしくはその可能性のある外国籍投資信託受益証券・投資証券(「ファンド」)には、以下に挙げるリスクがあります。

①株式の価格変動

株価変動リスク:一般的に、株式の価格は、発行企業の業績、国内外の景気・経済・政治情勢などの影響を受け変動します。したがって、株価が下落した場合には、投資元本を割り込むことがあります。特に小型株式は、株式市場全体の動きと比較して株価が大きく変動します。また、相対的に市場規模や取引量が少ないために、市場実勢から期待される価格で売買できない場合、不測の損失を被るリスクが大きくなる場合があります。市況によっては大幅な安値で売却を余儀なくされる可能性があり、投資元本を大幅に割り込むことがあります。

信用リスク:株式の発行企業の経営・財務状況の悪化や取引先等の経営・財務状況が悪化した場合又はそれが予想された場合及びそれらに関する外部評価の変化があった場合には、当該企業の株価は下落し、投資元本を割り込むことがあります。

②債券の価格変動

価格変動リスク:債券は、金利の変動により価格が変動します。一般的に金利が低下した場合には上昇し、金利が上昇した場合には下落しますので、金利の変動等により投資元本を割り込むことがあります。

信用リスク:債券の価格は、市場環境の変化・発行体の経営不振、財務状況の変化により、債券の利息や償還金をあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなる場合(債務不履行)又はできなくなると予想される場合には、大きく下落します。また、外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります。この結果、投資元本を割り込むことがあります。

③為替変動リスク

外貨建資産を円換算した資産価値は、外国為替相場により変動します。外国為替相場は、各国の政治・経済情勢・金利変動等を要因として変動します。外貨建組入れ有価証券等について、その外貨の為替相場が円高方向に進んだ場合には、当該有価証券等の価格は為替による影響を受け、投資元本を割り込むことがあります。特に、新興国の為替相場は短期的に大きく変動することがあり、先進国と比較して相対的に高い為替変動リスクがあります。

為替ヘッジを行う場合には、円金利がヘッジ対象通貨建ての金利より低い場合には、当該通貨と円の金利差相当分のヘッジコストが発生します。また、為替変動リスクの低減を図る目的で為替ヘッジを行うことがありますが、為替変動リスクを完全に排除できるものではありません。

④カントリーリスク

投資対象国・地域において、政治・経済・社会情勢の変動等により市場に混乱が生じた場合、又は取引に対して新たな規制が設けられた場合には、有価証券等の価格(表示通貨建て)が大きく変動したり、売買が制限されたり、売買や受渡し等が不能になる場合があり、運用方針に沿った運用ができない可能性があります。また、通貨不安が発生して、大幅な為替変動が起こる、円への変換が制限される、あるいはできなくなる場合があります。

各資産の取り扱いは、それぞれの外国の売買制限や課税制度等に準じますが、これら制度等の変更が行われる場合があります。これらの事由により投資元本を割り込むことがあります。また、新興国における当該影響は、先進国と比較して相対的に大きなリスクが伴います。例えば、政府当局による海外からの投資規制等が導入されることや、政策の変更等により市場が著しい悪影響を被る可能性があります。さらに、税制が一方的に変更されることや、新たな税制が適用されることにより、投資元本が影響を受ける可能性があります。

⑤クローズド期間並びに申込み及び換金に関する制限

クローズド期間がある金融商品を投資対象とする場合、同期間中は換金することができません。したがって、お客様が受託資産の一部解約又は投資一任契約の解除をご希望された際に、必要な措置を講じるまで一部解約又は契約の解除を行うことができない場合があります。また、金融商品によっては、申込み及び換金について、頻度・事前通知期間・換金等に制限を受けることがあります。

⑥派生商品への投資/利用に伴うリスク

有価証券先物・指数先物取引、スワップ取引または有価証券オプション等のデリバティブ取引の投資手法を用いることがあります。これらの投資手法に係る投資価格は、市場動向等の変動の影響を受け、短期的又は長期的に大きな損失が発生する可能性を有しており、投資元本に影響を与える可能性があります。こうした投資手法は必ず用いられるわけではなく、また用いられたとしても本来の目的を達成できる保証はありません。また、取引相手の倒産などにより、当初の契約どおりの取引を実行できず損失を被るリスク、取引を決済する場合に反対売買ができなくなるリスク、理論価格よりも大幅に不利な条件でしか反対売買ができなくなるリスクなどがあります。

⑦金融商品の流動性リスク

市場規模や取引量が少ない金融商品又は流動性に制限がある若しくは非公開の金融商品を投資対象とした場合、市場実勢から期待される価格で売却できない可能性又は取引が不可能となるリスクがあります。特に、新興国における当該影響は、先進国と比較して相対的に大きなリスクが伴います。この場合、受託資産の一部解約又は投資一任契約の解除をご希望されたお客様に、適時に解約代金をお渡しできないことがあります。

⑧その他のリスク

レバレッジを利用した場合、投資リスクを大きく増加させる場合があります。また、レバレッジ効果による期待収益を上回るコスト増となる可能性があります。

ショート取引を利用した場合、売建てた株式等が値上がりした場合、投資リスクを大きく増加させ、投資元本を割込むことあります。 裁定取引を行う場合、短期的かつ急激な市場環境の変化等により、当初想定した収益を実現できない可能性があります。 金融商品によっては、時価の取得に相当の期間を要するため、お客様の投資元本が同時点での資産状況を正確に反映しない場合があります。 法律、税制、その他規制の変更により、投資対象が影響を受け、投資元本を割込むことがあります。

 インフラストラクチャー・ファンド投資(ファンド・オブ・ファンズ(以下、「当ファンド」といいます。))に関わるリスク

市場リスク:当ファンドの市場価格は、経済および市場の状況、規制、センチメントおよび地政学的事象、ならびに環境、社会および技術の変化などの要因により変動する可能性があります。これらの変動は当ファンドへの投資のバリューに影響を及ぼす可能性があり、当ファンドの基準価額に影響を与えることがあります。

流動性リスク:当ファンドの投資資産は非常に流動性が低く、希望する期日にお客様が当ファンドを償還することができない、または当ファンドへの投資を償還以外の方法で処分することができないとことがあります。

当ファンドは、非常に制限、または限定された流動性条件を有するファンドに投資対象とする為、受託者は、それらの投資先ファンドの投資完了後、売却が実現した原資を償還金として支払うことになります。償還要求による支払うのに十分な資産を実現するのに相当の期間を要する可能性があるため、お客様は当ファンドからの償還が長期遅延する可能性があります。

投資先ファンドリスク:当ファンドは、当ファンドに支配権外の関係者によって管理される外部ファンドに投資します。当ファンドは、投資先ファンドの事務管理・運営プロセス、流動性・償還プロセス、ファンドマネージャーのパフォーマンスなどのリスクにさらされます。

カウンターパーティ・リスク:当ファンドまたは投資先ファンドのカウンターパーティーが、契約上の義務を履行しない可能性があります。カウンターパーティが契約上の義務を履行することができるかどうかは、その財務上の健全性(カウンターパーティ・リスク)と、その内部システム、プロセス、手続き(オペレーショナル・リスク)の有効性と関連しています。カウンターパーティがその契約上の義務の債務を履行しない場合、カウンターパーティが支払うべき金額が回収されるという保証はありません。

資産評価リスク:当ファンド基準価額が実際の資産売却可能額を反映するという保証はありません。例えば、流動性の低い投資案件は、容易に、あるいは正確に評価されない、不正確な市場価値予測に基づいて評価されるリスクがあります。市場の状況によっては、資産価格の算出が不可能な場合、評価を中止することができます。

 コンシャス・カレンシー戦略における主なリスク

 為替変動リスク:

当戦略では、通貨リスクの管理対象とする外貨建て資産等を想定元本とし、通貨ベンチマーク指数に追随を目指す運用を行います。

外貨建資産に付随する通貨配分を、運用の目標とする通貨ベンチマーク指数の通貨配分に変更するため、為替予約による為替ヘッジを行います。このような為替予約に伴う損益は、外国為替相場(為替スポットレート・為替フォワードレート)により変動します。外国為替相場は、各国の政治・経済情勢・金利変動等を要因として変動します。例えばある外貨について、円売り・外貨買いの為替予約に取り組むとき、その外貨の為替相場が円高方向に進んだ場合には、当該為替ヘッジの価格は為替による損失が発生し、投資元本を割り込むことがあります。特に、新興国の為替相場は短期的に大きく変動することがあり、先進国と比較して相対的に高い為替変動リスクがあります。また、為替予約は円以外の通貨同士で取り組む場合もあります(為替クロスヘッジ)。

当戦略の目標とする通貨ベンチマーク指数については、想定元本の外貨建て資産に比べて為替リスクが相対的に低いことを目指すものの、外国為替相場の変動の影響を受けマイナスのリターンとなることがあります。また当戦略では、通貨ベンチマークへの連動を目指すものの、完全には追随できないことがあります。こういった要因から、投資元本を割り込むリスクがあります。

為替予約を行う場合には、買い予約通貨の金利が売り予約通貨の金利より低い場合には、両通貨の金利差相当分のヘッジコストが発生するため、投資元本を割り込むリスクがあります。また、もととなる外貨建て資産に付随する為替変動リスクの中立化を図る目的で為替ヘッジを行うことがあり、この場合は外貨建て資産の為替評価損益と為替ヘッジの為替評価損益ができるだけ相殺されることを目標としていますが、為替変動による投資元本を割り込むリスクを完全に排除できるものではありません。

通貨ベンチマーク指数をトラックできない等のリスク:

想定元本に対して、通貨ベンチマーク指数にトラックするよう為替予約取引による通貨エクスポージャーのコントロールを行います。為替予約取引では、約定日から決済日までの期間が数カ月に渡ることがあり、その後のオフセット(ロール)取引までの為替レートの変動によって評価損益が生じ、決済日に実現損益がキャッシュフローとして発生します。なお、決済日については通常約3ヶ月に1度を予定しており、また実現損益額の確定のためオフセット取引は決済日より十分に早く実施する予定です。当戦略の主な投資リスクとしては、通貨ベンチマーク指数とのデータタイミングやロールタイミングの違いによるトラッキング・エラー、想定元本の時価変動やキャッシュフローの影響によるトラッキング・エラー、取引時間帯終了から翌日の取引開始迄の間に価格が急変するオーバーナイト・リスクや、金融市場の混乱等により市場の売買が減少し一部取引が困難になる流動性リスクが生じる可能性があります。

 

 ダウンサイドプロテクション戦略における主なリスク

 お客様が保有しているダウンサイドプロテクションの対象資産と投資一任契約において当社が運用する信託銀行にお預け頂いている資産を合算したポートフォリオについて、市場下落時の損失を目標値以内に限定し、かつ、可能な限り市場上昇時のリターンを享受するために、当社の判断に応じて原則として先物の取引を活用し、ポートフォリオ全体の損失を限定することを目指します。しかし、市場の変動パターンによっては、市場上昇時の追随率が大きく変動することがあります。また市場の変動の結果、ダウンサイドプロテクション対象資産と同額まで先物の売建てを行った場合、その後の市場上昇時のベータを享受することが出来ません。目標フロア水準についても、当社がポートフォリオ管理を行ったにも拘らず、市場の変動の結果目標フロア以上の損失が発生する場合があります。株価指数先物取引を行った場合に、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、短期間のうちに証拠金の大部分またはその全てを失うこともあります。また、その損失は証拠金の額だけに限定されません。株価指数先物取引の相場の変動により、不足額が発生した場合には、証拠金の追加差し入れが必要となります。

 

 オルタナティブ投資にかかるリスク

 ファンドは、ファンドの純資産額の10%を上限として、外部ファンド(オルタナティブファンドを含む)に投資することがあります。オルタナティブ投資には、伝統的資産クラスへの投資とは異なるリスクも存在します。ファンドの投資するかもしれない外部ファンドは適宜入れ替えられることが想定されているところ用いられる戦略ごとにリスクは異なることがあるため、すべての関連するリスクを記載することは不可能ですが、一般的に、オルタナティブ投資には、オルタナティブファンドの時価が変動する「市場リスク」、流動性の低い資産に投資をすることがありその為解約急増時に、ディスカウントで保有資産を処分する結果時価が大幅に劣化したり、投資家に対する換金が遅延・停止したりする「流動性リスク」のほか、「現物償還リスク」、「レバレッジリスク」、「空売りに伴うリスク」、「キーパーソンリスク」、「時価評価が困難な資産に投資することから生ずるリスク」、「信用リスク」、「詐欺リスク」、「法務リスク」、「制度リスク」、「オペレーショナルリスク」等が伴います。

 

 ※上記は主な投資リスクであり、リスクはこれらに限定されるものではありません。

 

 費用について

 ①投資一任契約に基づきお客様にご負担いただく費用

投資一任契約に基づき投資顧問料がかかります。投資顧問料は、個々のお客様との間の交渉によって取り決められた報酬率によって調整されるため、事前に料率、上限額等を示すことができません。 ※税法が改正された場合は、投資顧問料に係る消費税等相当額が変更になることがあります。

②投資一任契約において、当社の投資判断者がその運用指図により投資を行なう、もしくはその可能性のある外国籍投資信託受益証券・投資証券(「ファンド」)に関連する費用

(当費用はファンド財産から差し引かれるものでお客様に別途お支払いいただくものではありません。)

ファンドにはManagement fees、Performance fees, Custodian and trustee fees、Sub-custodian fees、Administration fees、Anti Dilution levy、Audit fees、Professional fees、Registration fees、Marketing fees、Miscellaneous fees、Security broker fee、Swap fee、Bank interest等がかかる場合があります。また、ファンド・オブ・ファンズ形式を採るファンドについては組入れファンドに関して上記の費用がかかる場合があります。 これらの費用については、投資対象及び運用状況により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。 各費用の詳細につきましては、当社までお問い合わせください。

③インプリメンテーション・サービスにかかる報酬・手数料

当執行サービスに対して投資顧問料とは別に費用がかかる場合があります。当執行サービスの費用は、個々のお客様との間の執行条件等により異なるため、事前に料率・上限額等を示すことができません。

 

 ご注意

 Copyright© 2019. Russell Investments.All rights reserved.

当サイト中「ラッセル・インベストメント」は、ラッセル・インベストメント グループの会社の総称です。

ラッセル・インベストメントの所有権は、過半数持分所有者のTA アソシエーツおよび少数持分所有者のレバレンス・キャピタル・パートナーズとラッセル・インベストメントの経営陣から構成されています。

フランク・ラッセル・カンパニーは、当サイトにおけるラッセルの商標およびラッセルの商標に関連するすべての商標権の所有者で、ラッセル・インベストメント グループの会社がフランク・ラッセル・カンパニーからライセンスを受けて使用しています。ラッセル・インベストメント グループの会社は、フランク・ラッセル・カンパニーまたは「FTSE RUSSELL」ブランド傘下の法人と資本的関係を有しません。

 

サイトは、当社が信頼できると判断した情報に基づき作成しておりますが、その情報の正確性や完全性についてこれを保証するものではありません。

ラッセルによる事前の書面による許可がない限り、資料の全部または一部の複製、転用、配布はいかなる形式においてもご遠慮下さい。

サイトは、一般的な情報の提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨等の投資勧誘を目的としたものではありません。また金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

サイトで表示した分析は、一定の仮定に基づくものであり、その結果の確実性を表明するものではありません。

サイトに示された意見などは、特に断りのない限り、当資料作成日現在の当社の見解を示すものです。

サイトは、当社のグループ会社である”ラッセル・インプリメンテーション・サービシーズ・エル・エル・シー”が提供しているサービスを説明した資料であり、当該サービスへの勧誘を目的にしたものではありません。

サイトにおいて記載されている数値、データ等は過去の実績であり、当資料のいかなる記述も将来の投資収益等の示唆あるいは保証をするものではありません。

サイトで表示したシミュレーションは過去の実績等を加工・分析したものであり、本資料のいかなる記述も将来の投資収益等の示唆あるいは保証をするものではありません。

サイトの内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。

 

インデックスについて

ラッセル・インデックスに関連するトレードマーク、サービスマークおよび著作権は、 ロンドン証券取引所グループに属する会社に帰属します。インデックスは資産運用管理の対象とはなりません。またインデックス自体は、直接投資の対象となるものではありません。

Site preferences