ラッセル・インベストメントの沿革

  • 1936

    創業者のフランク・ラッセルが米国ワシントン州タコマ市に証券会社(株式仲介業)を設立。

  • 1958

    フランク・ラッセルの孫であるジョージ・ラッセルがハーバードビジネススクール卒業後に入社。

  • 1969

    ジョージ・ラッセルが、運用会社の評価を行い、資産規模の大きな機関投資家に客観的な運用コンサルティングを行うというコンセプトを開発、戦略的資産運用コンサルタント業務を開始。 ニューヨーク拠点を開設。

  • 1972

    パフォーマンス分析サービス、不動産投資サービスを開始。

  • 1979

    ロンドン拠点を開設。

  • 1980

    マルチ・マネージャー・ファンドの提供を開始、資産運用サービスを開始。

  • 1982

    米国で確定拠出型年金(DC)サービスの提供を開始。

  • 1984

    米国初のマルチ・マネージャー方式の不動産投資ファンドの提供を開始。

  • 1986

    日本に進出。 東京とシドニーに事業所を設立(1987年には日本法人フランク・ラッセル・ジャパン株式会社を設立)。 日本拠点の初代社長に運用パフォーマンス計測手法に飛躍をもたらしたとされる「ディーツ法」を考案したピーター・ディーツが就任。

  • 1988

    日本におけるコンサルティング・サービスの提供を開始。

  • 1990

    ベルリンの壁崩壊の6か月後、成長資本を必要とする新興諸国と世界中の大手年金基金・企業20社および大手運用会社20社とを結びつけることを目標とする「ラッセル20-20」をジョージ・ラッセルが設立。

  • 1992

    トランジション・マネジメント・サービスを開始。

  • 1993

    米国ペンション&インベストメント誌(Pensions & Investments)が「機関投資家の世界で影響力のある四人(One of the four most influential people in the world of institutional investing)」のうちの一人にジョージ・ラッセルをウォーレン・バフェット氏他とともに選出。

  • 1999

    日本においてフランク・ラッセル投信株式会社を設立、日本初のマルチ・マネージャー・ファンドの提供を開始。

  • 2000

    日本においてフランク・ラッセル投信株式会社が投資一任業務を開始。

  • 2002

    日本においてフランク・ラッセル・ジャパン株式会社とフランク・ラッセル投信株式会社が事業統合し、フランク・ラッセル株式会社となる。

  • 2004

    運用資産残高が1,000億米ドルに達し、年末には1,340億米ドルに達する。 日本においてラッセル・インベストメント証券株式会社を設立。

  • 2005

    金融リテラシーの啓蒙と子供達の支援を目的とするプロジェクトの推進のために、新たにFocused Giving Initiativeを立ち上げる。

  • 2006

    日本においてフランク・ラッセル株式会社、ラッセル・インベストメント証券株式会社が合併し、ラッセル・インベストメント証券投信投資顧問株式会社となる。

  • 2007

    米国フォーチュン誌が発表する「米国内の働きがいのある会社」の30位に選出。運用資産残高が2,200億米ドルを超える。日本においてラッセル・インベストメント証券投信投資顧問株式会社が社名変更、ラッセル・インベストメント株式会社となる。

  • 2009

    追加的資産配分手法 エンハンスド・アセット・アローケション (EAA)を開発。

  • 2010

    米国本社をシアトル市内に移転。

  • 2012

    スマート・ベータに関するサービスの提供を開始。

  • 2014

    運用資産残高が2,500億米ドルを超える。 米国の確定拠出型年金加入者毎にカスタマイズされたターゲット・デート型の資産配分案を構築するアダプティブ・リタイアメント・アカウント(ARA)の開発推進を目的としてNextCapitalに戦略的な投資を行う。

  • 2015

    中国にRussell Investments Advisors Shanghai Ltd.を設立。

  • 2016

    創立80周年、日本拠点開設30周年を迎える。 TAアソシエーツおよびレバレンス・キャピタル・パートナーズがロンドン証券取引所グループよりラッセル・インベストメントの資産運用部門の買収を完了。

  • 2017

    最高経営責任者(CEO)にミシェル・R・サイツが就任。 国連責任投資原則(United Nations-supported Principles for Responsible Investing「UNPRI」)による年次評価において、データを提供する8部門で最高評価「A +」を獲得。

PRIの評価方法については、こちらをご参照ください。
https://www.unpri.org/signatories/about-pri-assessment (英語版のみ)

ラッセル・インベストメントに関するレポート全体については、こちらをご参照ください。
「Principles for Responsible Investment Assessment Report 2017」(英語版のみ)

Transparency Reportについては、こちらをご参照ください。
「Principles for Responsible Investment Transparency Report 2017」(英語版のみ)

スコアは、レポート全体の文脈の中で、理解することが重要です。

お問い合わせ

Contact

詳細については、下記までご連絡ください。

ラッセル・インベストメント株式会社
クライアント・サービス本部
Tel: 03-5411-3625
Email: Russell_Tokyo_Clientservices@russellinvestments.com

Site preferences