非上場インフラ投資

非上場インフラ投資でチャンスを引き出す

非上場インフラ投資とは?

インフラストラクチャーは私たちの社会の基幹です。交通、ネットワーク、エネルギー、水、衛生など、私たちが毎日頼りにしている必要不可欠なサービスを提供しています。インフラはまた、経済成長においても重要な役割を果たしています。

しかし、非上場のインフラは分散投資先として十分に活用されていないのが現状です。株式や債券のような伝統的な資産クラスは重要な役割を担っていますが、市場のボラティリティの影響を受けやすいため、投資家の長期的なリターン目標を達成するためには、これを補完する必要があります。

世界のインフラは多様で、交通、交易事業、社会インフラなどが含まれています。広範なインフラ・セクターの中の非上場インフラは、評価額が10兆ドルを超え、大幅な成長が期待されています。主な要因としては、エネルギー効率向上の必要性、データ需要の高まり、仕事やライフスタイルの変化によるデジタル通信の課題、人口動態の変化などが挙げられます。

非上場インフラ投資の潜在的な強み

Spider diagram icon

分散投資

実物資産であるインフラは、他の資産クラスとは異なるリスク、リターン、分散プロファイルを提供するため、マルチアセット・ポートフォリオにおける独立した予算配分を検討する価値があります。

Spider diagram icon

インカム創出

インフラ投資は通常、独占的な価格決定力を持つ有形で耐用年数の長い資産から得られる安定したキャッシュフローを特徴とし、多くは規制されており、インフレに直接連動するインカムを特徴とする場合もあります。

Two arrows icon

長期的リターンの可能性

再生可能エネルギー、デジタル、社会インフラの長期的な成長トレンドを効果的に取り込むビジネスモデルは、上場市場ではアクセス困難です。

リスク管理

ヴィンテージとプロファイルにまたがるリスク管理

非上場インフラ・ポートフォリオを構築するには、投資家は戦略的配分において指定されたエクスポージャーを維持する必要があります。この目的のために一般的に使用されるクローズド・エンド型ファンドは、その固定されたファンド存続期間に起因する課題があります。予測不可能なファンドの運営やブラインド・プール・へのコミットメントといった性質により、コミットメントの管理、キャピタル・コールや分配金の予測は複雑です。クローズド・エンド型ファンドの継続的な資産変動はポートフォリオの指標を変動させ、継続的な監視が必要となります。一方で、オープン・エンド型ファンドの構造は、合理的で複雑性の低いアプローチを提供し、これらの課題を軽減することが可能です。

Risk management: Exposure of single funds over multiple vintages compared to well-managed portfolio of open-end funds

非上場インフラ投資にラッセル・インベストメントを選ぶ理由

オープン・
アーキテクチャ

ラッセル・インベストメントは、徹底したリサーチと専門知識を駆使してポートフォリオを構築し、明確なリターン源泉を追求しつつ価値を創造し、ダウンサイド・リスクを最小限に抑えることを目指します。ラッセル・インベストメントは、差別化された戦略を専門とする運用会社と連携しています。

アクセスの広さと深さ

ラッセル・インベストメントは、運用会社のリサーチの広さや、その規模、インフラストラクチャー、および業界経験により、お客様に適した条件を事前に確保することが可能です。

ラッセル・
インベストメントの経験

ラッセル・インベストメントは50年以上にわたり、プライベート・マーケットを機関投資家の皆様のポートフォリオに巧みに組み込んできました。ラッセル・インベストメントの強固なガバナンス文化、コンサルティングの実績、受託者としてのマインドセットにより、お客様のリターン、リスク選好、規制上の義務に沿ったオーダーメイドのソリューションをお約束します。

非上場インフラ資産の種類

期待リスクと期待リターンに関する相対的な位置に基づくさまざまな種類のインフラ資産があります:

ラッセル・インベストメントの非上場インフラ・ソリューション

よくある質問

 

最新インサイト

プライベート・マーケットに関するブログをお届けいたします。

お問合せ

私たちは、今後の困難な道のりのナビゲートを支援できる経験と能力を備えていると考えています。

ラッセル・インベストメントがどのようにお役に立てるか、ぜひご相談ください。

* = 必須項目