プライベート・
マーケット

多様な市場サイクルに対応可能な競争優位性

cyclist

プライベート・マーケット投資とは?

プライベート・マーケット投資は、上場企業ではなく非上場企業に対する投資を指します。

プライベート・マーケットには主に6種類の資産クラスがあります。

プライベート・クレジット:

プライベート・レンディング、スペシャル・シチュエーションなど

プライベート・エクイティ:

バイアウト、セカンダリー、グロース・エクイティなど

ベンチャー・キャピタル:

アーリーステージやレイトステージに対するファイナンスなど

プライベート・インフラ:

ブラウンフィールド投資、グリーンフィールド投資など

プライベート不動産:

コア、バリューアッド、オポチュニスティックなど

天然資源:

農業、林業、鉱業、金属など

多様なプライベート資産への投資によって、既存ポートフォリオのギャップを解消することができます。

プライベート・マーケットに投資する3つの理由

Hands surrounding person icon

1. インフレーション・ヘッジ

プライベート・マーケット投資にはインフレーション・ヘッジを享受できる特徴もあります。特定のインフラストラクチャー、不動産、天然資源戦略においては、その効果が顕著です。

Pointer icon

2. ボラティリティの低減

プライベート資産の時価評価はパブリック資産対比で頻繫に行われません。一般的に四半期ごとに行われる為、市場ボラティリティはパブリック・マーケットより小さい傾向にあります。

Bar chart icon with performance line above

3. リターン向上の可能性

プライベート・キャピタルは、非経済的リスクプレミアム(例:非流動性プレミアム)を活用することにより、長期的にはパブリック資産をアウトパフォームしてきた実績があります。1

プライベート・マーケットの特徴とは?

プライベート・マーケット投資は、各投資家が求めるリスク/リターン、キャッシュフロー、相関の特性 に応じて、幅広いエクスポージャーの提供が可能です。したがって、トータル・ポートフォリオ内におけるプライベート・マーケットの役割について検討することが重要です。

プライベート・マーケットがポートフォリオ内で果たす役割:

新たな収益源:

プライベート・マーケットにおける投資機会は、パブリック・マーケットよりもはるかに豊富です。年間売上高が1億ドルを超える非上場企業は、約95,000社あります。一方、同等の売上規模を有する上場企業は、わずか10,000社しかありません。つまり、非上場企業の投資可能ユニバースは、上場企業よりも850%大きいことになります。

インカムの創出:

プライベート・クレジットの場合、企業のキャッシュフローや資産によって担保されているプライベート・ローンからのインカムを得られます。さらに、ローンは一般的に変動金利であるため、投資家は金利上昇局面で恩恵を受けられます。プライベート不動産も、賃料としてインカムを得ることが可能です。

分散化によるリスクの低減:

プライベート資産への分散投資によって、ダウンサイド・リスクをコントロールし、全体的なボラティリティを低減させることが可能です。

プライベート・コア不動産と、上場株式や債券指数は、長年にわたり相関が非常に低い状態が続いています。

インフレーション対応:

多くのインフラストラクチャー資産は、規制やコンセッション条件、契約を通じて、インフレーションに対する明確な連動性を有しています。不動産の場合、物価上昇率に合わせて契約賃料を定期的に設定し直すことで対応が可能です。また、高インフレーション環境下では建て替えコストが増加するため、既存の建物の価値が上昇することになります。

プライベート・マーケットへの投資は、伝統的資産の株式や債券より低いボラティリティで潜在的に高いリターンが見込めます。


出所:Russell Investments Strategic Planning Forecasts, 2022年3月​
上記で表示した分析は、一定の仮定に基づくものであり、将来の投資収益等の示唆あるいは保証をするものではなく、またその結果の確実性を表明するものではありません。

プライベート・マーケットの規模

9.8兆ドル

2021年上半期のプライベート・マーケットでの運用資産総額3

659%

過去20年間におけるファンド数の増加率2

15兆ドル

過去50年間におけるプライベート・マーケットへのコミット総額4

プライベート・マーケットを活用して投資家の課題を解決する方法

機関投資家にとっての課題はリターン目標の達成だけではなく、保有するポートフォリオに影響を与えかねない、構造的・社会経済的な課題も存在します。世界的なパンデミックや地政学的状況により、「スローバリゼーション」やサプライチェーンの制約 が発生し、高インフレをもたらしました5。プライベート資産を活用すれば、このような大きなトレンドへの対応や活用することが可能です。

脱炭素化、クリーンエネルギー、インパクト投資は、コミュニティが主導する重要テーマであり、あらゆる組織が取り組まなくてはなりません。不確実な時代において、プライベート資産はこれらの課題に対処する戦略に活用することも可能です。

プライベート・マーケット投資において必要な戦略的パートナーとは?

 

投資家が戦略的パートナーに求めるべきは、5つの重要な能力です。 

1

トータル・ポートフォリオ・アプローチ

2

アクセスおよびソーシングの専門知識

3

ポートフォリオ契約の締結・管理における確実なプロセス

4

リスク管理

 

プライベート・マーケットに投資する際は、上記分野における確かな実績のあるパートナーを選ぶことが極めて重要です。

最新インサイト

プライベート・マーケットに関するブログをお届けいたします。