プライベート・
マーケット

多様な市場サイクルに対応可能な競争優位性

cyclist

拡大し続けている新たな投資機会を理解する

機関投資家は、株式、デット・ファンディング、インフラ、不動産における新たな投資機会を得るため、プライベート・マーケットへの資産配分を増やしています。プライベート・マーケットは過去10年間で成熟し、比較的小規模な投資家にも投資しやすくなり、幅広いエクスポージャーを利用できるようになりました。

プライベート・マーケットに投資する際には、ポートフォリオの主要な目的を検討し、その達成に必要なツールを把握することが重要です。この3部構成のシリーズでは、「プライベート・アセットの規模と範囲」「投資パフォーマンスを高める各資産クラスの活用方法」「投資家が直面する重要課題をプライベート・アセット・ソリューションで解決する方法」について説明します。

diversity icon

見逃せない投資機会とは?


投資家がプライベート・マーケットに魅力を感じている主な理由は、パフォーマンス以外にも複数あります。プライベート・アセットへのエクスポージャーを増やし、トータル・ポートフォリオのパフォーマンスを高められる機会について、重点的に解説します。

詳細を見る

diversity icon

新たなプライベート・マーケット戦略でトータル・ポートフォリオをサポート

目標のエクスポージャーを実現する、またはリスクを低減する上で、プライベート・アセット運用は様々に活用できます。プライベート・マーケットのポートフォリオ特性を説明し、トータル・ポートフォリオに組み入れる際に考慮すべき指標を取り上げます。

詳細を見る

diversity icon

プライベート・マーケットの活用により重大な投資課題に対応

インフレ、低リターン環境、サプライチェーン問題、脱炭素化は、投資家のポートフォリオに影響を与える非常に重要な懸念事項です。ラッセル・インベストメントは50年にわたる経験に基づき、市場やグローバル・トレンドの変化を乗り切るための戦略を見極めます。

詳細を見る

プライベート・マーケットの役割とは?

様々なプライベート・マーケット投資には、それぞれ異なるリスク・リターン特性、キャッシュフロー特性、相関特性があります。そのため、トータル・ポートフォリオを補完する際には、プライベート・マーケットが果たすべき役割を検討することが重要です。

機関投資家にとっての以下項目を含むプライベート・マーケットの役割:

  • 新たな収益源
  • インカムの創出
  • 分散によるリスク低減
  • インフレヘッジ

当資料の内容は作成時点におけるラッセル・インベストメントの見解および予想であり、今後市場や経済の状況に応じて変わる可能性があります。また、上記は将来の結果の確実性を保証するものではありません。

すべての投資は、投資元本の潜在的な損失を含め、リスクが伴います。通常、収益率は均一ではなく、損失を被る可能性があります。あらゆるタイプのポートフォリオ構築と同様に、リスクを軽減し、収益の向上を目指す際には、特定時点で意図せずにリターンを低下させる可能性があります。

最終的な投資決定を行う前に、関連するUCITSまたはAIFまたはEuSEFまたはEuVECAの目論見書、関連するAIF/EuSEF/EuVECA]の情報文書、および関連するKIID/KIDを参照してください。